メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「お父さんにぼう力を…」父親に渡されていたアンケート 検証 千葉・女児虐待死 中

千葉県警野田署から千葉地検松戸支部に送検される栗原勇一郎容疑者=千葉県野田市で2019年1月26日、信田真由美撮影

児相、保護緊急度を「AA」から「B」に引き下げ

 「糸満市から、父親による心愛さんへのどう喝や母親へのDVについては引き継ぎがなかった。どう喝の情報があればすぐに『要保護児童』にしていた」。野田市児童家庭課の担当者は言う。

 糸満市からの引き継ぎとして残されている文書には、次女と母親の体調についてしか書かれていない。これだけでは、市の要保護児童対策地域協議会(要対協)のリストには載らないが、17年10月11日、市職員が自宅を訪ねると、母親が「見知らぬ土地での生活が不安だ」と話したため、心愛さんと次女を「要支援児童」としてリストに載せることが決まった。

 要対協は、野田市、児相、千葉県警野田署、学校の関係者や、民生委員らがメンバーで、虐待の恐れがある児…

この記事は有料記事です。

残り1708文字(全文2034文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです