メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

「米国の冷蔵庫」のミネソタ州小都市、南極より寒い寒波は日常

 [30日 ロイター] - 激しい寒波に見舞われている米中西部だが、「国の冷蔵庫」(Icebox of the Nation)と呼ばれるミネソタ州インターナショナル・フォールズでは、何事もなく日常業務が行われているという。

     インターナショナル・フォールズは、カナダ国境にある人口6000人の小都市。米国で最も寒い地域の1つで、米国立気象局(NWS)によると、30日には気温が摂氏マイナス38度、風冷え効果によりマイナス48度と、南極より寒くなっている。

     しかし、ボブ・アンダーソン市長(76)は「たったマイナス38度」とし、「業務は平常通りだ。店はすべて開いている」と述べた。消防にも緊急通報は寄せられていないという。

     学校は休校になったが、ここで生まれ育った市長は「今日の学校は以前より慎重になっている」と語った。

     インターナショナル・フォールズはここ数日、米国で最も寒い場所として時折天気図に登場しているが、30日にはミネソタ州コットンのほうが冷え込み、マイナス42度となった。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
    2. 学校ストライキ 「学校行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人参加
    3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
    4. 首脳ゴルフは「真剣な仕事、欠席お許しを」 T20会合で政府大使
    5. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです