メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

デトロイトショーに初出展した謎の自動車メーカー! マヒンドラ&マヒンドラとは

情報提供:カートップ

デトロイトショーに初出展した謎の自動車メーカー! マヒンドラ&マヒンドラとは

いきなりメインフロアにブースを出展したインドのメーカー

 1月開催が最後というのに、メルセデスベンツ、BMW、アウディの出展とりやめもあり、どうにも寂しい内容となったのが今回のデトロイトショー。しかし、そのなかで今回初出展した完成車メーカーがある、それはインドの“マヒンドラ&マヒンドラ”である。

 状況の違いもあるが(展示スペースがスカスカ)、中国メーカーはメインホールではなく、会場のコボホールのコンコース(通路)への出展からはじまったのだが、インドメーカーであるマヒンドラはいきなりメインフロアにブースを構えた。コンパクトなブースには自社の原点ともいえるジープタイプの“ロクサー”が展示されていた。

マヒンドラ&マヒンドラ

 複数展示されていたロクサーのなかでボンネットが開いていた展示車があったので、エンジンルームを覗くと、“ASSEMBLE in the USA”という表記を発見した。どういうことなのか事情通に聞くと、「未完成車としてアメリカに陸揚げし、バッテリーを搭載するなど最終調整をすることでアメリカ製としているようです」とのこと。さらに「このモデルはアメリカでの必要な規格を満たしていないので、公道では走ることができません。農場などのプライベートエリアでしか乗ることができません」と話してくれた。

 ちなみに同じように 公道を走ることはできないものの、プライベートエリアで使い勝手が良いとのことで、日本から軽トラックが輸出されているのも有名な話。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  2. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 両陛下、トランプ大統領夫妻を歓迎 皇居宮殿で会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです