メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 中堅メーカーの東京建電は典型的なパワハラ企業。営業会議は成績の悪い社員をどう喝する場でしかない。そこで悠々と居眠りするのが万年係長の八角(野村萬斎)。社内では変わり者扱いだが、偶然、上司になったお人よしの課長、原島(及川光博)は、彼が会社の秘密を握っているのではと疑う。

 池井戸潤の人気小説を映画化した。「こんなギスギスした会社はないだろう」と突っ込むのは野暮。野村は「この映画は舞台を現代にした時代劇」と言うが、同感だ。八角と営業部長(香川照之)が火花…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです