メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 中堅メーカーの東京建電は典型的なパワハラ企業。営業会議は成績の悪い社員をどう喝する場でしかない。そこで悠々と居眠りするのが万年係長の八角(野村萬斎)。社内では変わり者扱いだが、偶然、上司になったお人よしの課長、原島(及川光博)は、彼が会社の秘密を握っているのではと疑う。

 池井戸潤の人気小説を映画化した。「こんなギスギスした会社はないだろう」と突っ込むのは野暮。野村は「この映画は舞台を現代にした時代劇」と言うが、同感だ。八角と営業部長(香川照之)が火花…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. 政府、除染土11袋の流出を確認 台風19号被害の福島・田村と飯舘村

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです