メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

大阪市・島之内周辺(田辺聖子「道頓堀の雨に別れて以来なり」) オトナの粋のDNA

 「道頓堀の雨に別れて以来なり」は、大阪の老舗川柳雑誌「番傘」の初代主幹・岸本水府(1892~1965)を中心に、近現代の川柳人とその時代を描いた評伝小説。若き日の水府と、田辺聖子さんが「オトナの文学」と呼ぶ川柳を育んだ街、大阪・島之内かいわいを歩いた。【山田夢留】

 明治から戦後までを描く2500枚の大作は、田辺聖子さんが母親に聞いた思い出話から始まる。大阪・ミナミで食事した若い日の両親。父は母に「ここ、水府はんの来はる店やデ」と「嬉(うれ)しげに、誇らしげに」言った。「水府はん」といっても、面識はない。大阪の人や街に流れる情緒を詠んだ水府が、古い大阪人にとってそれだけ誇りと親しみを感じさせる存在だったのだ。

 「番傘」創刊翌年の大正3(1914)年、水府は島之内で「恩人」食満南北(けまなんぼく)に出会う。当…

この記事は有料記事です。

残り1110文字(全文1468文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです