メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

続・西谷流地球の歩き方

肩にロケット弾 戦場の現実

兵士の肩にロケット弾が食い込んだ写真=イラク・スレイマニア市のアムナ・スラーカ博物館で、西谷文和さん提供

 イラク・スレイマニア市の「アムナ・スラーカ博物館」には、現在進行形の戦争「イスラム国(IS)掃討作戦」に関する展示物が収められている。

 入り口に黒服の男がナイフを振りかざしている大きな写真があり、そこを通過すると目を背けたくなるような写真の数々。ISはイスラム教に改宗しなかった人々を公開処刑にした。ヤジディー教徒の口にライフルを突っ込み処刑する瞬間、メソポタミア遺跡をハンマーで破壊するIS兵士たち、目隠しをされて後ろ手に縛られた住民たちが大きな穴の前に座り、順番に処刑されていく様子……。

 次の部屋には、ISが仕掛けた地雷や不発弾が並んでいた。クルド軍が撤去した地雷をクルド語で「マイン」…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです