メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

仙台市中心部の震災メモリアル 市役所で検討委初会合 「世代超えた伝承拠点に」 /宮城

 東日本大震災の記憶と経験を伝承する仙台市中心部の震災メモリアル拠点について話し合う検討委員会の初会合が1月30日、同市役所で開かれた。委員からは「単なる箱物を作るのではなく、50年、100年先と世代を超えて伝えられるものにすべきだ」と声が上がった。

 市ではこれまで、震災のメモリアル事業として、「せんだい3・11メモリアル交流館」(同市若林区)や震災遺構荒浜小(同区)など沿岸部の施設が整備されている。検討委は災害科学や哲学の専門家、写真家ら10人の有識者で構成され、市中心部の拠点が…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 内閣支持率40% 「年金だけでは2000万円不足」報告書の麻生氏対応「納得できない」68% 毎日新聞世論調査
  5. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです