メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新年度当初予算案 一般会計5740億8900万円 佐竹知事就任以降で最少 /秋田

 県は1月31日、総額5740億8900万円となる2019年度一般会計当初予算案を発表した。18年度当初予算比で1・1%(62億円)減り、佐竹敬久知事が09年に就任して以降、最少額の編成となった。平成に入ってからでも3番目に低く、基金の取り崩しなどで不足分を補いつつ、重要課題の人口減対策や2年目を迎える「第3期ふるさと秋田元気創造プラン」の重点施策の推進に取り組む。予算案は5日開会の2月県議会に提出される。【山本康介、森口沙織】

この記事は有料記事です。

残り1967文字(全文2183文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  3. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 北九州市で新たに5人 12日連続の感染確認 累計124人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです