カラー

君津で出荷最盛期 日本一の生産地 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 豊かな湧き水に恵まれた君津市小糸(こいと)地区で、湿地性の花「カラー」の出荷が最盛期を迎えている。同市は年間約180万~190万本のカラーを出荷し、日本一の生産量を誇る。

 小糸花卉(かき)園芸組合によると、同地区のカラーは1962年、16戸の農家で栽培を始め、現在39戸で生産しており、市全体の生産…

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文333文字)

あわせて読みたい

注目の特集