メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心肺蘇生法

手順、カードゲームで 創価大生講師に、八王子八小の50人 /東京

 カードゲームを通して心肺蘇生法を学ぶ授業が31日、八王子市石川町の市立第八小学校(有賀康美校長)の図書室であった。ゲームを考案した創価大経営学部・安田賢憲准教授ゼミの学生が講師になり、6年生約50人が、救命処置の基礎を楽しみながら学習した。

 授業は月に1回の「安全指導」の授業の一環として実施された。カードには1枚ずつ、イラストと文章で心肺蘇生法の手順を細かく分けて示してあり、プロジェクトリーダーの同大3年、斎藤桃乃さん(20)ら10人がゲームのルールを教えた。

 指導を受けた子どもたちは、2人一組になって対戦。「(心肺停止状態で倒れた人の)肩を叩(たた)きながら呼びかける」「119番通報とAED(自動体外式除細動器)を周りの人に頼む」「AEDが来るまで周りの人と交代しながら心臓マッサージを続ける」といったカードを、正しい手順通りに並べるスピードを競った。

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  2. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  3. GoToトラベル、東京除外 都発着旅行や在住者 国交相、運用見直し表明

  4. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  5. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです