メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京急大師線

来月地下化、渋滞緩和へ 3カ所踏切撤去 東門前-小島新田駅間 /神奈川

 京急大師線の一部区間が3月3日から地下化されるのを前に、工事中の地下トンネルなどが、報道機関に公開された。地下部分が開通すると、産業道路駅が地下駅に変わる。1日当たり車両約2万5000台が通過する産業道路など踏切3カ所がなくなり、渋滞緩和につながる。【市村一夫】

 京急大師線は京急川崎-小島新田駅間約4・5キロで、全線が川崎市川崎区を通る。3月に地下部分が開通するのは、東端に当たる東門前-小島新田駅間の約1キロ。現在の路線の下を掘り、上に仮の線路部分をかぶせる工法で2006年から工事を進めていた。

 川崎市建設緑政局によると、現在、内装工事が進んでいる。3月2日、営業運転を終えた後に、トンネルの出…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです