メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン

人命救助 金沢市消防が導入 /石川

デモ飛行で救助が必要な現場までAEDを運んだドローン=金沢市役所で、久木田照子撮影

 金沢市消防局はドローン(小型無人機)を導入し、3月1日から運用を開始する。大規模災害や火災などの現場で上空から映像を撮影して被害状況を確認したり、救助で使う資器材を届けたりする。31日に金沢市役所前広場で初のデモ飛行を実施し、使い方を紹介した。

 市消防局のドローンは全長144センチ、重さ10・5キロ。赤外線映像カメラでの撮影や自動離着陸、指定経路の自律飛行などが可能で、航行時間は1回につき約15分まで。AED(自動体外式除…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 兵庫、来月1日休業解除方針 新生活習慣「ひょうごスタイル」も公表

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです