メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都市

新年度予算案概要 一般会計7944億円、過去最大に /京都

 京都市の門川大作市長は31日の記者会見で、2019年度の市当初予算案の概要を発表した。一般会計の予算規模は、過去最大の7944億円。18年度比99億円増で3年連続の増額となった。介護保険の給付費や保育園の運営費など、社会福祉関連経費が93億円増加したことなどが要因。門川市長は「持続可能な町づくりを推進するとの理念で予算を編成した」と述べた。

 市バスなど公営企業の会計や特別会計を含めた全会計の予算規模は、18年度比68億円増の1兆7223億…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです