メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ツアー

姫路城から日の出堪能 4日まで市が試行 宿泊誘致「朝」に着目 /兵庫

姫路城から見た朝日=兵庫県姫路市本町で、幸長由子撮影

 姫路市が1~4日、世界遺産「姫路城」から朝日を見るツアーを行っている。早朝に姫路城を訪れるには前日から姫路に泊まる必要があるということで、旅行客の宿泊増につなげる狙いだ。今年初めて「試行」として企画された。1日限定20人で、城の窓を参加者に開けてもらうなど、普段は体験できない事や迎賓館での地元産食材で作った朝食も組み合わせ、特別感を演出。城の新たな魅力の創出につなげようとしている。

 観光庁が昨年行った調査では、訪日外国人の85%が早朝や夜間の史跡や施設などの観光に参加意欲を持って…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1108文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  4. ラグビーW杯 ナミビア人親子に密着 台風で中止「日本は完璧主義」

  5. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです