新阿蘇物語

南阿蘇村の栗山さん刊行 ダム建設批判、自然との共生を 口コミで評判 2カ月で1500部売れる /熊本

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 熊本県南阿蘇村の栗山美智子さん(77)が、村内で進む立野ダム建設に疑問を抱き、自然との共生を呼びかける冊子「新阿蘇物語」を刊行した。3000部を印刷し200円で販売したところ、口コミで評判が広まり、2カ月で半数が売れるほど反響を呼んでいる。

 冊子はB6判15ページで、阿蘇地方に伝わる神話「鬼八(きはち)」をモチーフとした。神話では健磐龍命(たけいわたつのみこと)が、何度切っても…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

あわせて読みたい

ニュース特集