メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA

発効 貿易額、世界の4割弱

世界最大級となる日欧自由貿易圏

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)は2月1日に発効し、世界の国内総生産(GDP)の3割弱、世界貿易額の4割弱を占める世界最大級の自由貿易圏が誕生した。日欧は相互に9割以上の品目で関税を撤廃し、非関税障壁の削減や投資ルールの整備を通じて貿易・投資を活発化させる。「米国第一」を掲げるトランプ米政権との通商交渉を控える日欧が結束し、自由貿易の旗振り役として対抗する構えだ。(3面にクローズアップ)

 日本側は農林水産品と鉱工業品の品目数で約94%、EU側は約99%の関税を最終的に撤廃する。発効と同…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです