メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

日欧EPA、消費者恩恵 ワイン・チーズ、割安感

日欧EPA発効で変わる主な関税

 日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)が1日発効したことで、日本で人気の欧州産ワインやチーズなどの関税が撤廃・削減され、価格の低下が見込まれることから消費者の利益になりそうだ。一方で、輸入の拡大で競争にさらされるワイン生産者や酪農家からは不安の声が出ているが、欧州向けの農産品輸出の拡大を目指す動きもある。

 「欧州ワインのお手ごろ感が増し、市場が活性化していく」。ワイン販売大手メルシャンの代野照幸社長は、…

この記事は有料記事です。

残り1934文字(全文2143文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです