メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

日欧EPA、消費者恩恵 ワイン・チーズ、割安感

日欧EPA発効で変わる主な関税

 日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)が1日発効したことで、日本で人気の欧州産ワインやチーズなどの関税が撤廃・削減され、価格の低下が見込まれることから消費者の利益になりそうだ。一方で、輸入の拡大で競争にさらされるワイン生産者や酪農家からは不安の声が出ているが、欧州向けの農産品輸出の拡大を目指す動きもある。

 「欧州ワインのお手ごろ感が増し、市場が活性化していく」。ワイン販売大手メルシャンの代野照幸社長は、…

この記事は有料記事です。

残り1934文字(全文2143文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  2. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  3. 体操 世界選手権 内村、代表入り消滅 種目別予選回避で
  4. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです