メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授
質問なるほドリ

日欧EPAの意義は? 世界最大の自由貿易圏誕生 保護主義に対抗=回答・加藤明子

欧州連合(EU)の概要

 なるほドリ 日本と欧州連合(EU)の経済連携(れんけい)協定(EPA)が1日に発効(はっこう)したんだって。どんな協定?

 記者 EPAは「Economic Partnership Agreement」の略で、国や地域間で貿易や投資を自由化する協定です。日欧EPA発効で、鉱工業品や農産物の関税の9割以上が撤廃(てっぱい)されたほか、ブランドなど無形(むけい)財産の価値を守る知的財産権(ちてきざいさんけん)保護(ほご)のルールも整備され、企業は投資しやすくなりました。出入国手続きも簡素化され、人、モノ、カネ、サービスの交流が活性化して、経済成長を高めると期待されています。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです