メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

日欧EPAの意義は? 世界最大の自由貿易圏誕生 保護主義に対抗=回答・加藤明子

欧州連合(EU)の概要

 なるほドリ 日本と欧州連合(EU)の経済連携(れんけい)協定(EPA)が1日に発効(はっこう)したんだって。どんな協定?

 記者 EPAは「Economic Partnership Agreement」の略で、国や地域間で貿易や投資を自由化する協定です。日欧EPA発効で、鉱工業品や農産物の関税の9割以上が撤廃(てっぱい)されたほか、ブランドなど無形(むけい)財産の価値を守る知的財産権(ちてきざいさんけん)保護(ほご)のルールも整備され、企業は投資しやすくなりました。出入国手続きも簡素化され、人、モノ、カネ、サービスの交流が活性化して、経済成長を高めると期待されています。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操 世界選手権 内村、代表入り消滅 種目別予選回避で
  2. 白い野生パンダを初めて撮影 中国・四川省
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  5. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです