メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

きしむ日韓関係

阪田 恭代氏

 日韓関係が硬直している。韓国人元徴用工問題での韓国最高裁による日本企業への賠償命令や、海上自衛隊機への火器管制レーダー照射問題で両国が主張を譲らず、協議は平行線をたどる。一方、韓国からの訪日客が昨年、750万人以上に達するなど民間交流は活発だ。政治レベルの確執の「波及」を食い止めるにはどうすればいいのか。

この記事は有料記事です。

残り4419文字(全文4573文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです