メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

「改憲」発言弱まる 参院選控え、機運しぼむ

安倍首相の国会演説での憲法改正に関する発言

 安倍晋三首相は1月31日の衆院本会議で、憲法改正について「各党の議論が深められ、国民的な理解も深まることを期待する」と抑制的な発言にとどめた。夏の参院選を控えて改憲機運はしぼんでおり、各党を刺激するのは得策でないためだ。国民民主党の取り込みも自由党の接近で不透明になり、首相は宿願である改憲に向けた戦略を描けていない。【田中裕之、村尾哲】

 首相は昨秋の臨時国会の所信表明演説で、各党に「具体的な(憲法)改正案」の提示を促した。しかし、1月28日の施政方針演説では「各党の議論が深められることを期待する」と一歩引いた。改憲論議に慎重な公明党の山口那津男代表は記者団に「本来の首相としての言及に戻ってきた。抑制的に発言した」と満足げに語った。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  3. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  4. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです