メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

「改憲」発言弱まる 参院選控え、機運しぼむ

安倍首相の国会演説での憲法改正に関する発言

 安倍晋三首相は1月31日の衆院本会議で、憲法改正について「各党の議論が深められ、国民的な理解も深まることを期待する」と抑制的な発言にとどめた。夏の参院選を控えて改憲機運はしぼんでおり、各党を刺激するのは得策でないためだ。国民民主党の取り込みも自由党の接近で不透明になり、首相は宿願である改憲に向けた戦略を描けていない。【田中裕之、村尾哲】

 首相は昨秋の臨時国会の所信表明演説で、各党に「具体的な(憲法)改正案」の提示を促した。しかし、1月28日の施政方針演説では「各党の議論が深められることを期待する」と一歩引いた。改憲論議に慎重な公明党の山口那津男代表は記者団に「本来の首相としての言及に戻ってきた。抑制的に発言した」と満足げに語った。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです