メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

日産のガバナンス 現経営陣も責任明確に=松本尚也(東京経済部)

日産のゴーン会長(当時)の逮捕を受けて記者会見をする西川広人社長(左)=横浜市西区で2018年11月19日、宮間俊樹撮影

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の逮捕から2カ月あまり。日本を代表する「カリスマ経営者」逮捕の衝撃は、いまだに収まる気配がない。事件では、日産を私物化していたかのようなゴーン前会長の行状がクローズアップされている。だが、自動車業界担当記者としては、長年、不正を許してきた日産の企業体質の解明や、西川(さいかわ)広人社長ら現経営陣の責任明確化を抜きにしては、日産の再生はあり得ず、事件の教訓を日本企業の未来に生かすこともできないと考える。

この記事は有料記事です。

残り1799文字(全文2021文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  2. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  3. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです