メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
布施広の地球議

米沢富美子氏を悼む

 湯川秀樹の弟子で天才型の物理学者、しかも女性とくれば、理系オンチの当方が緊張するのも無理はない。偏見もあったにせよ、慶応大で私の前に現れた米沢富美子(ふみこ)さんは、何もかも予想外だった。もちろん、いい意味で。

 横じまのセーラーカラーのシャツにジーンズのスカートは、当時(1984年)流行のマリンルック。45歳の彼女は、優れた女性科学者に与えられる猿橋賞に選ばれていた。

 大阪の高校から京都大理学部へ進んだ彼女は、あらゆる試験を首席で通し、憧れの湯川博士の薫陶も受けて京…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文991文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです