メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

INF条約

決裂 射程巡る溝埋まらず 米露応酬続く

ロシア国防省が「9M729」として公開したミサイル=モスクワ近郊で2019年1月23日、ロイター

 【モスクワ大前仁】中距離核戦力(INF)全廃条約に関する米露間の協議が1月31日に決裂したのは、条約違反とするミサイルの即時廃棄をロシアに求める米国と、それを否定するロシアの主張の違いが埋まらなかったためだ。ロシアはミサイルを公開して正当性を強調するなど「情報開示」の姿勢を強調。今後も国際世論の支持を狙った戦略を仕掛けるとみられる。

 ロシア国防省は1月23日、モスクワ近郊の施設に各国の駐在武官や報道陣を招き、全長5メートル超のミサ…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文839文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです