メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
INF条約

決裂 射程巡る溝埋まらず 米露応酬続く

ロシア国防省が「9M729」として公開したミサイル=モスクワ近郊で2019年1月23日、ロイター

 【モスクワ大前仁】中距離核戦力(INF)全廃条約に関する米露間の協議が1月31日に決裂したのは、条約違反とするミサイルの即時廃棄をロシアに求める米国と、それを否定するロシアの主張の違いが埋まらなかったためだ。ロシアはミサイルを公開して正当性を強調するなど「情報開示」の姿勢を強調。今後も国際世論の支持を狙った戦略を仕掛けるとみられる。

 ロシア国防省は1月23日、モスクワ近郊の施設に各国の駐在武官や報道陣を招き、全長5メートル超のミサ…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文839文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 韓国大統領が光復節の演説 日本へ対話による解決呼びかけ

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  5. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです