メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国活動家

台湾に入境 空港内に4カ月超

 【台北・福岡静哉】台湾の桃園国際空港(北部・桃園市)の乗り継ぎスペースで4カ月以上も生活していた中国の民主化活動家ら2人が1月30日深夜、台湾への入境を許可された。台湾メディアが報じた。亡命を受け入れる第三国が見つかるまで台湾にとどまるとみられ、中国と台湾の間で対立の火種になる可能性がある。

 台湾当局などによると、顔克芬氏(44)…

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

  3. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

  4. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  5. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです