メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

世界経済下振れを懸念 1月決定会合「主な意見」

 日銀は31日、1月22~23日に開いた金融政策決定会合の「主な意見」を公表した。会合では世界経済の下振れリスクを警戒する声が相次ぎ、昨年末以降の金融市場の混乱などを背景に政策委員が先行き懸念を深めていることが浮き彫りになった。会合では「海外経済を巡るリスクは明らかに下方に厚い状況」などの厳しい見方が多く出された。

 ある委員は「大きな危機が起きるまで行動しない態度は望ましくない。追加緩和を含め迅速、柔軟かつ断固たる対応を取る姿勢が望ましい」と主張。また、「当面政策変更がない、という予想が金融市場で過度に固定化されてしまうことを防ぐ工夫が必要」として必要なら行動する姿勢を示すよう求める意見もあった。一方で「海外経済は総じて見れば着実な成長を続けると考えられる」などと引き続き緩やかな成長が続くとの意見も多かった…

この記事は有料記事です。

残り69文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです