メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産・ルノー・三菱自

トップ会談 「ゴーン後」綱引き

 日産自動車と仏自動車大手ルノー、三菱自動車の3社は31日、ルノーのジャンドミニク・スナール新会長就任後、初のトップ会談を開いた。人事や資本関係を巡る日産とルノーの綱引きは続いているが、まずは3社連合の提携維持を優先し結束強化を確認した。【松本尚也、柳沢亮】

「合議で運営」確認

 会談はオランダ・アムステルダムにある統括会社「ルノー・日産BV」(RNBV)本部で行われ、日産の西川広人社長とルノーのティエリー・ボロレ最高経営責任者(CEO)が出席。三菱自の益子修会長兼CEOはインターネット中継で参加した。今後、スナール氏と西川、益子両氏での定期協議の場を設けることなどを決めた。

 3社連合は各社の会長を兼務していたカルロス・ゴーン被告が率いてきたが、ゴーン被告退場後も影響力を維…

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 男逃走

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 「交際相手と宿泊は」「妊娠は」ひとり親手当をもらうために、詮索されるプライバシー

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです