メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

森口明利さん=前人未到の八重跳びを目指す縄跳び名人

森口明利(もりぐち・あきとし)さん(29)

 「ビュビュビュン!!」--高速で回る縄の内側で、高く跳びはねて上半身にももを引きつけ、ほとんどかがんだ姿勢のまま落下する。体への負担は大きいが、滞空時間を長く保てるという。「基本の前跳びを極めていったら、こうなったんです」。前人未到の八重跳び成功を目指すストイックな姿とはかけ離れた、屈託のない笑顔が印象的だ。

 出身地の福井県は縄跳びが盛んで、小学校や高校時代、三重跳びや四重跳び、連続技などに挑戦した。京大入…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文661文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 近畿、北陸、四国、九州で梅雨明け
  3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです