メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

森口明利さん=前人未到の八重跳びを目指す縄跳び名人

森口明利(もりぐち・あきとし)さん(29)

 「ビュビュビュン!!」--高速で回る縄の内側で、高く跳びはねて上半身にももを引きつけ、ほとんどかがんだ姿勢のまま落下する。体への負担は大きいが、滞空時間を長く保てるという。「基本の前跳びを極めていったら、こうなったんです」。前人未到の八重跳び成功を目指すストイックな姿とはかけ離れた、屈託のない笑顔が印象的だ。

 出身地の福井県は縄跳びが盛んで、小学校や高校時代、三重跳びや四重跳び、連続技などに挑戦した。京大入…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文661文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです