メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

官民ファンドが成功する三つの要件=経営共創基盤CEO・冨山和彦

冨山和彦 経営共創基盤CEO

 私を含む民間出身取締役が全員辞める騒動になった産業革新投資機構をはじめ、官の資金をリスクマネーとして民の世界に出資して政策目的を達成する「官民ファンド」の苦戦が目立つ。官民ファンドの原形は、私自身が立法段階から組織の設立、運営、解散までリーダーの一人として関わった産業再生機構である。おかげさまで「元祖」官民ファンドは成功という評価を頂いているが、なぜうまくいったのか?

 まず、収益追求と政策追求が両立する案件が多数存在すること。収益ノーで政策イエスなら補助金でやるべき…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 元パラ選手マリーケ・フェルフールトさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです