メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第68回別府大分毎日マラソン

「五輪へ一歩」は誰か 3日号砲

ニューイヤー駅伝でフィニッシュテープを切る大六野。初マラソンでMGC出場権獲得を目指す=前橋市で2019年1月1日、宮間俊樹撮影

 <BEPPU-OITA MAINICHI MARATHON>

 2020年東京五輪の代表選考会につながる「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」シリーズ男子の第68回別府大分毎日マラソンが3日、開かれる。並々ならぬ思いで出場するのが、実業団の旭化成(宮崎)勢だ。今年の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)で3連覇を達成したが、マラソンでは誰もMGC出場権を得ていない。昨年の日本選手権1万メートル覇者の大六野秀畝(26)を筆頭に4人の精鋭が「マラソンの名門」の面目躍如を目指す。【生野貴紀】

この記事は有料記事です。

残り4881文字(全文5132文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです