メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

ポップなチョコ棒、愛込めて

完成したハート形(左)とラブレター形のケーキポップス。先生が優しく教えてくれたので何とかできた=いずれも竹内紀臣撮影

 14日はバレンタインデー。家族や友人、恋人など大切な人にお菓子を贈る人も多いのでは。毎年何を作ろうかと悩む方、今年は手軽に作れる華やかな「ケーキポップス」で、世界に一つの贈り物に挑戦してはいかが。

 ケーキポップスは、粉々にしたスポンジケーキをジャムなどと混ぜ合わせて丸め、棒に刺してチョコレートでコーティングしたお菓子。米国発祥でパーティーや子どものおやつに楽しまれている。形や色、味を自由に変えることができ、「インスタ映え」も狙える一品だ。今回は、アイシングクッキーや「練り切りアート」などの講師を育成する日本サロネーゼ協会(事務局・兵庫県芦屋市)で認定講師を務める松浦真理さん(38)に、筆者(27)がケーキポップス作りを教わった。

 生地に使うスポンジケーキは、自分で焼いても市販のものでもよい。カステラで代用できる。「つなぎ」によ…

この記事は有料記事です。

残り1744文字(全文2113文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです