メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手作りバレンタイン

ポップなチョコ棒、愛込めて

完成したハート形(左)とラブレター形のケーキポップス。先生が優しく教えてくれたので何とかできた=いずれも竹内紀臣撮影

 14日はバレンタインデー。家族や友人、恋人など大切な人にお菓子を贈る人も多いのでは。毎年何を作ろうかと悩む方、今年は手軽に作れる華やかな「ケーキポップス」で、世界に一つの贈り物に挑戦してはいかが。

 ケーキポップスは、粉々にしたスポンジケーキをジャムなどと混ぜ合わせて丸め、棒に刺してチョコレートでコーティングしたお菓子。米国発祥でパーティーや子どものおやつに楽しまれている。形や色、味を自由に変えることができ、「インスタ映え」も狙える一品だ。今回は、アイシングクッキーや「練り切りアート」などの講師を育成する日本サロネーゼ協会(事務局・兵庫県芦屋市)で認定講師を務める松浦真理さん(38)に、筆者(27)がケーキポップス作りを教わった。

 生地に使うスポンジケーキは、自分で焼いても市販のものでもよい。カステラで代用できる。「つなぎ」によって味を変えることができるのがうれしい。今回はメープルシロップを混ぜた生地をあらかじめ用意してもらった。

この記事は有料記事です。

残り1692文字(全文2113文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです