メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手作りバレンタイン

ポップなチョコ棒、愛込めて

完成したハート形(左)とラブレター形のケーキポップス。先生が優しく教えてくれたので何とかできた=いずれも竹内紀臣撮影

 14日はバレンタインデー。家族や友人、恋人など大切な人にお菓子を贈る人も多いのでは。毎年何を作ろうかと悩む方、今年は手軽に作れる華やかな「ケーキポップス」で、世界に一つの贈り物に挑戦してはいかが。

 ケーキポップスは、粉々にしたスポンジケーキをジャムなどと混ぜ合わせて丸め、棒に刺してチョコレートでコーティングしたお菓子。米国発祥でパーティーや子どものおやつに楽しまれている。形や色、味を自由に変えることができ、「インスタ映え」も狙える一品だ。今回は、アイシングクッキーや「練り切りアート」などの講師を育成する日本サロネーゼ協会(事務局・兵庫県芦屋市)で認定講師を務める松浦真理さん(38)に、筆者(27)がケーキポップス作りを教わった。

 生地に使うスポンジケーキは、自分で焼いても市販のものでもよい。カステラで代用できる。「つなぎ」によって味を変えることができるのがうれしい。今回はメープルシロップを混ぜた生地をあらかじめ用意してもらった。

この記事は有料記事です。

残り1692文字(全文2113文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです