メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「地域おこし協力隊」発足10年 起業して定住、行政も支援

村の森林を管理する「百森」を設立した地域おこし協力隊の田畑直さん(左)=岡山県西粟倉村で、村瀬優子撮影

 都市圏の若者らが過疎地域などに移り住み、最長3年間、地域活性化に取り組む国の制度「地域おこし協力隊」が発足10年を迎えた。隊員数は初年度の約90人から約5000人にまで増加。国は任期終了後の定住を推進しているが、過疎地では職が少ないのが課題だ。起業する隊員が増えていると聞き、注目される取り組みを取材した。【村瀬優子】

この記事は有料記事です。

残り2304文字(全文2464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 犬の頭上から猫が生えてきている? SNSで話題の“ひょっこりにゃん”写真が撮れた理由とは

  2. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  4. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです