メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

DIY可の賃貸団地 改装して愛着、若者に人気

壁に棚を設けたり、塗装し直したりして雰囲気が一変した団地の部屋=大阪府住宅供給公社提供

 入居者が部屋の壁にくぎを打って棚を作るなどの簡易な改修(DIY)をできる団地の賃貸物件が広がっている。退去時に元通りにする義務を気にせず手軽に改装でき、自分の部屋に愛着を持って暮らせることが利点で、若い世代を中心に支持を集めている。

 国土交通省は全国の空き家の数が増加していることを受けて、賃貸住宅の流通を活性化するために借り主が自費で改修できる「借り主負担DIY型賃貸借」のガイドラインを2013年度に提示。それ以降、全国的に原状回復義務なくDIYをできる賃貸物件が徐々に広まっている。

 大阪府住宅供給公社が扱う大阪府内の賃貸団地では入居者の高齢化や、築年数の古い団地を中心に空き室が増えている。こうした事情を踏まえ、公社は17年1月から、DIYを施した部分の原状回復義務を免除する「団地カスタマイズ」制度を開始。若い世代に自ら部屋に手を加えることで愛着を持って暮らせ、結果として長期にわたり入居してもらう効果を狙った。反響はあり、18年12月中旬には、200件以上の申し込みがあった。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  5. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです