メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

アジア・カップ決勝 日本 vs カタール

2019年2月1日(金) UAE・アブダビ
日本1

0-2

1-1

3カタール

南野(後半24分)

得点者

アルモエズ・アリ(前半12分)

アブデルアジズ・ハティム(前半27分)

アクラム・アフィフ(後半38分=PK)

アジア杯決勝【日本・カタール】カタールに敗れ王座奪還ならず、膝に手を突く南野=2019年2月1日UAEのアブダビで、ロイター

<写真特集はこちら>

    【アブダビ丹下友紀子】サッカーのアジア・カップは大会最終日の1日、当地で決勝があり、日本(F組1位)がカタール(E組1位)に1―3で敗れた。日本の2大会ぶり5回目の優勝はならず、カタールが10回目の出場で初優勝を遂げた。

    <一度逃した流れは戻らず>森保ジャパン、痛恨の初黒星

    ◇試合後のコメント

     森保監督 優勝できなかったのは残念だが、準備のところから成長を掲げてやってきた。相手の方が強かったということ。しっかり分析して、次にステップアップできるようにしたい。

     大迫 悔しい。僕らはもっと前半、いいプレーをすべきだった。悔いが残る。取り返そうという気持ちを持ってやったが、厳しいゲーム展開にしてしまったのが反省点。この悔しさを次に生かせるようにしなくてはいけない。W杯、アジア杯と悔しい思いしかしていない。借りを返すのはW杯だと思う。予選も圧倒的な力で勝てるよう個々がレベルアップしていくべきだと思う。

     南野 攻撃は前半、うまくいかなかった。守備で2失点して苦しい展開になった。(自身の得点を)きっかけに同点から逆転にしないといけなかった。追いつけなかったのは自分たちの実力不足。(大会を通して)チームとして成長できたが、優勝しないと意味がないと思っていたのでこの結果は悔しい。

     吉田 相手は中2日にもかかわらず、いい準備をして僕ら以上にアグレッシブに戦っていた。前半2失点したことが、勝敗を大きく分けた。まだまだ足りないことだらけ。次のコパアメリカとW杯予選で成長して次のW杯につなげなければならない。この負けから僕自身もチームも学ばなければいけない。

     冨安 前半でゼロに抑えられないと難しい。勝ちたいという思いが結果として出なかった。甘かった。(この1カ月は)充実していたが、勝って終わりたかった。この悔しさをバネにしないといけない。自分の成長につながる大会だった。ずっと勝ち続けることはできない。この敗戦を忘れてはいけない。


    【試合終了】

    後半45分+5

    【カタール】アルモエズ・アリ→アフメド・アラーエルディン

    後半45分+3

    【カタール】遅延行為でペドロ・コレイアにイエローカード

    後半45分

    アディショナルタイムは5分

    後半44分

    【日本】敵陣右サイドからのFK。柴崎のクロスにファーサイドで吉田がヘディング!たたきつけることができず、クロスバーの上へ外れる

    後半44分

    【日本】南野→乾

    後半41分

    【日本】酒井にイエローカード

    後半39分

    【日本】塩谷→伊東

    【カタール】ゴール後にユニホームを脱いだアクラム・アフィフにイエローカード

    後半38分【GOOOOOOAL】

    【カタール】アクラム・アフィフが冷静にPKを決めてリードを広げる

    後半37分

    【日本】吉田にイエローカード

    後半35分

    【カタール】右サイドからのCK。競り合い後のこぼれ球をGK権田がキャッチして日本ボールとなったが、主審がVARの助言を受け、ピッチ脇のモニターで映像を確認。競り合った際に、吉田の手にボールが当たったとしてハンドの判定。カタールがPK獲得

    アジア杯決勝【日本・カタール】後半、コーナーキックからの競り合いで日本の吉田が痛恨のハンド。VAR(ビデオアシスタントレフェリー)で確認後、カタールのPKとなった=2019年2月1日UAEのアブダビで、AP

    後半34分

    【カタール】ペナルティーアーク付近からアブデルアジズ・ハティムが左足でシュート!柴崎がブロックに入ってCKに逃れる

    後半29分

    【カタール】ハサン・アルハイドス→カリム・ブディアフ

    後半28分

    【日本】長友が左サイドでDFを1人かわしてクロスを供給。武藤が競ったがDFがクリアしてCKに

    後半24分【GOOOOOOAL】

    【日本】ペナルティーエリア手前でワンタッチパスをつなぐ。塩谷の縦パスを大迫が落とし、南野がDFの裏へ飛び出す。ふわりとしたシュートでGKとの1対1を冷静に制し、日本が1点を返す

    アジア杯決勝【日本・カタール】後半24分、日本の南野が縦パスから飛び込んでGKをかわしてゴールを決め1-2とする=2019年2月1日UAEのアブダビで、ロイター

    後半21分

    【日本】左サイドからのCK。ニアサイドに飛び込んだ武藤がバックヘッド!ボールはクロスバーの上へ

    後半20分

    【日本】敵陣中央やや左からのFK。堂安の蹴り込んだボールはDFのクリアが競った冨安の頭に当たってゴールラインを割る

    後半19分

    【日本】右サイドから堂安が左足でクロスを供給。ニアサイドの武藤が頭で合わせるも枠をとらえられない

    後半17分

    【日本】原口→武藤

    後半16分

    【カタール】ブアレム・フーヒ→サレム・アルハジリ

    後半12分

    【日本】右サイドからのCK。吉田が飛び込んだが競り合ったブアレム・フーヒにクリアされる。吉田は立ち上がったが、フーヒはピッチに倒れ込んだまま。その後、担架で運ばれる

    後半11分

    【カタール】アクラム・アフィフが左サイドを抜け出してペナルティーエリア左に進入。切り返して体勢崩すもすぐさまゴール前へ浮き球のパス。アブデルアジズ・ハティがトラップしてシュートを狙ったがうまくミートできずクロスバーの上に外してしまう

    後半8分

    【日本】柴崎から鋭い縦パス。受けた南野、切り返してDFをかわしたが、カバーに入ったDFに阻まれシュートは打てない

    後半6分

    【日本】左サイドからのCK。柴崎が右足でインスイングのボールを蹴ったが味方には合わず、クリアされる

    後半4分

    【日本】右サイドからのCK。柴崎の蹴ったボールに吉田が高い打点のヘディングを見せたが枠をとらえられない

    後半4分

    【日本】大迫がペナルティーエリア右でキープすると深い位置からグラウンダーのクロスを蹴り込む。DFはクリアでCKに逃れる

    後半2分

    【日本】柴崎からペナルティーエリアで待つ南野へパス。チャンスになりかけたが、南野と接触したDFが倒れてファウルを取られてしまう

    【後半開始】


    【前半終了】

    前半45分+1

    【日本】柴崎からのパスを受けた原口が右サイドへ展開。酒井が走り込んだが追いつけずタッチラインを割る

    前半45分

    アディショナルタイムは1分

    前半44分

    【日本】敵陣左サイドから原口が右足でクロス。タイミング良く大迫が裏へ飛び出したが、精度を欠いて流れてしまう

    アジア杯決勝【日本・カタール】前半、ボールを争う堂安=2019年2月1日UAEのアブダビで、AP

    前半43分

    【日本】右サイドからのCK。柴崎の蹴り込んだボールはDFにクリアされ味方にはつながらない

    前半40分

    【日本】右サイド、酒井が堂安とのパス交換から縦への突破を見せる。相手を競りつつクロスを供給したがDFに阻まれる

    前半35分

    【カタール】ペナルティーエリアでアクラム・アフィフから右にいたペドロ・コレイアへつなぐとクロスを供給。ゴール前左に走り込んだハサン・アルハイドスが角度のない位置からシュートを狙ったがネットは揺らせず

    前半32分

    【日本】ロングボールを頭で味方につないだ大迫、リターンに反応してペナルティーエリアに走り込む。しかし、GKサード・アルシーブにキャッチされてしまう

    前半31分

    【日本】敵陣中央やや右からのFK。ボールのそばには柴崎と堂安が立つ。堂安が左足で直接狙ったが壁に当たってしまう

    前半27分【GOOOOOOAL】

    【カタール】ペナルティーエリア手前やや右からアブデルアジズ・ハティムが左足を振り抜く!ゴール左上に決まってカタールが追加点

    アジア杯決勝【日本・カタール】前半、2点目のゴールを決め喜ぶカタールのハティム(#6)=2019年2月1日UAEのアブダビで、AP

    前半22分

    【日本】左サイドから原口がグラウンダーのクロスを供給。これはクリアされて味方にはつながらない

    前半21分

    【日本】右サイドでボールを持った堂安が仕掛ける。突破を試みたが、DF2人に囲まれて奪われる

    前半20分

    【日本】ボールを奪われた柴崎、奪い返そうと後方からタックル。相手を倒してしまい、イエローカード

    前半18分

    【日本】裏に抜け出そうと走り出した堂安へロングボールを供給。しかし、手前でカットされてしまう

    前半13分

    【カタール】スルーパスに反応したアルモエズ・アリがペナルティーエリア右からシュート。これは吉田のブロックに阻まれネットを揺らせない

    前半12分【GOOOOOOAL】

    【カタール】左サイドに展開。アクラム・アフィフが中央へ柔らかなクロスを送るとゴールに背を向けたアルモエズ・アリが左足でトラップ。ボールを浮かしたまま右足でコントロールするとその体勢から右足でオーバーヘッド!GK権田が反応するも届かず、ゴール右に吸い込まれカタールが先制

    アジア杯決勝【日本・カタール】前半、絶妙なオーバーヘッドキックで先制ゴールを決めるカタールのアリ。アジア杯新記録の9得点となった=2019年2月1日UAEのアブダビで、AP

    前半10分

    【カタール】敵陣中央からのFK。縦へふわりとした浮き球のボールを送るもはね返される

    前半7分

    【日本】敵陣右サイドからのFK。ボールのそばには柴崎と堂安が立つ。柴崎がファーサイドを狙って蹴り込むと冨安が競る。しかし、DFにクリアされる

    前半5分

    【日本】左サイドからのCK。柴崎の蹴ったボールに塩谷が頭で合わせようとしたが、逆サイドに流れてしまう

    前半4分

    【日本】敵陣で倒された大迫、素早いリスタートで原口に出すと再び受けてミドルシュートを放つ。しかし、枠をとらえられない

    前半1分

    【日本】ペナルティーエリア手前で南野、原口とつないで攻めるもシュートまでは持ち込めない

    【試合開始】

    日本のボールでキックオフ


    両チームの選手たちがピッチに登場。日本のキャプテンマークは吉田が巻く

    アジア杯決勝【日本・カタール】日本の先発メンバー。日本代表史上初めて全員が海外所属となった=2019年2月1日UAEのアブダビで、ロイター

     サッカーのアジア・カップで2大会ぶりの王座奪還を狙う日本は、1日午後6時(日本時間同11時)から、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで、カタールとの決勝に臨む。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が50位、カタールは93位。対戦成績は2勝4分け2敗。最後の対戦は2011年アジア・カップ準々決勝で、日本が3-2で競り勝っている。

     両チームの先発メンバーが発表され、日本は、準決勝のイラン戦で2ゴールの大迫(ブレーメン)をはじめ、冨安(シントトロイデン)、吉田(サウサンプトン)、南野(ザルツブルク)、堂安(フローニンゲン)らが名を連ねた。イラン戦で負傷した遠藤(シントトロイデン)の代わりには塩谷(アルアイン)が入った。

     GK権田がJ1鳥栖からポルティモネンセ(ポルトガル)に完全移籍することが決定しており、先発メンバーが史上初めて全員海外組となった。

    ◇日本代表先発メンバー

    ▽GK権田修一(鳥栖→ポルティモネンセ)▽DF長友佑都(ガラタサライ)、吉田麻也(サウサンプトン)、冨安健洋(シントトロイデン)、酒井宏樹(マルセイユ)▽MF塩谷司(アルアイン)、柴崎岳(ヘタフェ)、南野拓実(ザルツブルク)、原口元気(ハノーバー)、堂安律(フローニンゲン)▽FW大迫勇也(ブレーメン)

     日本は2大会ぶり5回目の優勝、カタールは初優勝を懸けて戦う。準決勝までの戦績からはカタールの強さが浮かび上がる。6戦で今大会最多の16点を挙げる一方、一度もゴールを割らせていない。また、カタールの得点源となっている1トップで大会最多タイとなる8得点のアリをどう抑えるかも難題だ。


    <決勝の相手>カタール代表について知っておきたい7つの情報

    <フェアプレー世界に>主将吉田「愚かなこと起きないでほしい」

    <驚異の的中率>決勝カード当てたシャビ、カタール初V予想

    <存在感増す20歳>冨安、完封Vで“新アジアの壁”になれるか

    <アジア最強を撃破>「半端ない」大迫のプレーなどを振り返る

    <決勝までの道のり>トーナメント表をチェック

    <原博実J副理事長に聞く>各クラブ補強動向は?

    <試合日程・結果>サッカー日本代表・特集ページ

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
    2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
    4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
    5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです