「30年前にDV受けた」片山さつき氏が被害告白 民間の受け皿拡充に意欲

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院本会議に臨む片山さつき地方創生担当相=国会内で2019年2月1日午後3時16分、川田雅浩撮影
参院本会議に臨む片山さつき地方創生担当相=国会内で2019年2月1日午後3時16分、川田雅浩撮影

 片山さつき地方創生担当相(59)は1日の記者会見で「自分の体験としてDV(ドメスティックバイオレンス)を知っており、立ち直った経験も持っている」と過去のDV被害を告白した。その後、DV被害者のための民間シェルター支援を行う検討会の初会合を開催。被害者救済へ意欲を示した。

 片山氏は会見でDV被害を受けたのは「30年前ぐらい」と指摘。DV被害者について「今もなお声を上げにくい、生きづらいと…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

あわせて読みたい

注目の特集