ドローンで人命救助、金沢市消防が3月1日から導入

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
デモ飛行で救助が必要な現場までAEDを運んだドローン=金沢市広坂1の市役所で2019年1月31日午前11時41分、久木田照子撮影
デモ飛行で救助が必要な現場までAEDを運んだドローン=金沢市広坂1の市役所で2019年1月31日午前11時41分、久木田照子撮影

 金沢市消防局はドローン(小型無人機)を導入し、3月1日から運用を開始する。大規模災害や火災などの現場で上空から映像を撮影して被害状況を確認したり、救助で使う資器材を届けたりする。31日に金沢市役所前広場で初のデモ飛行を実施し、使い方を紹介した。

 市消防局のドローンは全長144センチ、重さ10・5キロ。赤外線映像カメラでの撮影や自動離着陸、指定経路の自律飛行などが可能で、航行時間は1回につき約15分まで。AED(自動体外式除…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集