特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨被災の花火業者、再起かけ復興イベントに 「特大の一輪咲かせたい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
被災した工場で、復興花火大会の準備を進める牛尾彰彦さん=広島県熊野町で2019年1月8日午後3時7分、東久保逸夫撮影
被災した工場で、復興花火大会の準備を進める牛尾彰彦さん=広島県熊野町で2019年1月8日午後3時7分、東久保逸夫撮影

 昨年7月の西日本豪雨で被災した広島市西区の老舗花火業者「牛尾煙火製造所」が、被害の大きかった広島県呉市安浦地区で2日に開催される復興花火大会に向け、準備を進めている。豪雨直後は多くの花火大会が中止になり経営難に追い込まれたが、最近は他にも復興イベントの依頼が来ているといい、社長は「地域に必要とされているならうれしい。被災者の癒やしになれば」と意気込む。

 1907(明治40)年創業。現在の社長の牛尾彰彦さん(52)は4代目で、先代の父(故人)の体調不良などをきっかけにサラリーマンをやめ、花火師の世界に飛び込んだ。現在県内で唯一、花火の製造から打ち上げまでを手掛けている。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文813文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集