介護タクシーなどで医療的ケア児の通学を支援 来年度から 大阪府教委

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
医療的ケア児の通学支援
医療的ケア児の通学支援

 大阪府教委は、たんの吸引など日常的に医療的ケアが必要な子ども(医療的ケア児)で送迎が難しく、学校に通えない児童・生徒を支援する事業を2019年度から実施する方針を決めた。介護タクシーに看護師が同乗する仕組みで、新年度予算案に運営費約2500万円を計上。モデル実施を経て21年度の本格運用を目指す。

 府教委によると、支援学校の医療的ケア児のバス通学は、走行中にたんの吸引などが必要な場合、安全性が確保できないため、原則禁止している。乗車中の吸引が不要で主治医の許可がでた場合は認められる。18年度は支援学校に在籍するケア児のうち、160人がバスを利用…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文688文字)

あわせて読みたい

注目の特集