メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工藤会トップの損害賠償訴訟が結審、判決は4月23日 一般人を襲撃

 特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)が関与したとされる2件の一般人襲撃事件で、被害者側が同会トップの野村悟被告(72)=殺人罪などで起訴=らに計約1億1000万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が1日、福岡地裁(鈴木浩裁判長)であった。野村被告側は請求棄却を求め、結審した。判決は4月23…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文376文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです