メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ患者数、過去最多に A型2種類の流行重なる

インフルエンザの新規患者数

 厚生労働省は1日、全国約5000の定点医療機関から報告されたインフルエンザの患者数が、1月21~27日の1週間で1医療機関当たり57・09人になったと発表した。前週の53・91人より増え、今の形で統計が始まった1999年度以降で最多となった。この1週間の受診患者数は推計223万人。今年に入って2種類のA型ウイルスの流行が重なっており、患者数を押し上げたとみられる。

     国立感染症研究所によると、今冬は2009年に新型として流行後に定着したA型の「H1N1」がまず流行し、検出されたウイルスの6割を占める。しかし、昨年末から1968~69年の香港かぜが由来のA香港型「H3N2」も増え始め、今年の検出数ではH1N1を上回る。昨冬流行したB型はほとんど検出されていない。ウイルスの種類が違うと、1シーズンに2度かかることもあり、注意が必要だ。

     全ての都道府県が流行の警報レベル(1医療機関当たり患者数30人以上)となっており、このうち首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)など14都県は警報レベルの2倍に当たる同60人以上。50人以上60人未満も12府県に上る。【野田武】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
    2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
    3. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
    4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
    5. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです