インフルエンザ患者数、過去最多に A型2種類の流行重なる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
インフルエンザの新規患者数
インフルエンザの新規患者数

 厚生労働省は1日、全国約5000の定点医療機関から報告されたインフルエンザの患者数が、1月21~27日の1週間で1医療機関当たり57・09人になったと発表した。前週の53・91人より増え、今の形で統計が始まった1999年度以降で最多となった。この1週間の受診患者数は推計223万人。今年に入って2種類のA型ウイルスの流行が重なっており、患者数を押し上げたとみられる。

 国立感染症研究所によると、今冬は2009年に新型として流行後に定着したA型の「H1N1」がまず流行し、検出されたウイルスの6割を占める。しかし、昨年末から1968~69年の香港かぜが由来のA香港型「H3N2」も増え始め、今年の検出数ではH1N1を上回る。昨冬流行したB型はほとんど検出されていない。ウイルスの種類が違うと、1シーズンに2度かかることもあり、注意が必要だ。

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文483文字)

あわせて読みたい

ニュース特集