メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「年金制度の信頼揺らぐ」と警鐘も GPIF、四半期ベースで過去最大の運用損

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の昨年10~12月期の運用損は四半期ベースで過去最大となったが、積立金は年金給付のための財源の1割程度で、すぐに影響は出ない。ただ、株式比率の高い今の運用方法は損益の幅が大きく、原則5年に1度となる2020年度の運用見直しでは議論となりそうだ。

 GPIFはもともと、比較的リスクが低いとされる国内債券を中心に運用してきたが、高い運用利回りの確保を目指す安倍政権の意向を背景に、14年10月に国内外の株式比率を倍増させた。このため、市場が好調なら高収益になるが、今回のように損失…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. 答弁訂正は「言葉が不正確」、クルーズ船対応は「一生懸命やった」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです