「統計不正国会」底なし 遠い幕引き

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
統計不正問題を巡る代表質問での主な答弁
統計不正問題を巡る代表質問での主な答弁

 衆参両院の本会議で1日までの3日間続いた各党代表質問では、厚生労働省が公表する「毎月勤労統計」の不正問題が最大の焦点となった。春の統一地方選や夏の参院選を控え、安倍政権は幕引きを急ぎたい考えだったが、問題の解決に向けた前進はほとんどなかった。対応に苦慮する安倍政権に対し、野党は4日から始まる一問一答形式の衆院予算委員会で徹底追及する構えだ。

この記事は有料記事です。

残り1470文字(全文1642文字)

あわせて読みたい

注目の特集