メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春日部共栄、松山聖陵の両監督ら謹慎処分に 部内で暴力、選抜ベンチ入りできず

 日本学生野球協会は1日、東京都内で審査室会議を開き、いずれも部内で暴力を振るったとして春日部共栄(埼玉)の本多利治監督(61)、松山聖陵(愛媛)の荷川取(にかどり)秀明監督(37)、龍谷大平安(京都)の責任教師を務めていた顧問(35)に謹慎処分を科した。3校は3月23日開幕の第91回選抜高校野球大会に出場するが、処分該当者はベンチ入りできない。

 本多監督は昨年4月の練習試合で三振した3選手のほおを平手打ちするなどし1月12日から4カ月の謹慎。…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです