メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

誰も女児の自宅アパートを訪れず…起きた事件 検証 千葉・女児虐待死 下

定例記者会見で事件について聞かれ、険しい表情を見せる森田健作・千葉県知事=千葉市中央区の千葉県庁で2019年1月31日、町野幸撮影

児相「学校内での見守りと聞き取りで十分」と判断

 勇一郎容疑者は18年4月、東京都内で沖縄の観光関係の仕事に就く。上司は取材に「勤務態度は良好で、対外的にも丁寧でいたって実直だった。お客さんからお礼の連絡をもらうこともあり、評判も良かった。協調性もあり、他の職員にも目配りできる人間だった」と評する。それだけに、事件を知った同僚たちの衝撃は大きかった。

 心愛さんが3月上旬に自宅に戻った後、児相が勇一郎容疑者と面会することは一度もなかった。その理由を柏…

この記事は有料記事です。

残り1603文字(全文1828文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 近畿、北陸、四国、九州で梅雨明け
  3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです