メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

米上院議員にタックルした隣家住民に6300万円超の賠償命令

 1月30日、米ケンタッキー州の裁判所は、ランド・ポール上院議員(写真)が隣家の住民にタックルされて肋骨を6本骨折したことを巡り、タックルした隣家の医師に58万ドル(約6300万円)超の支払いを命じた。写真は2018年12月、ワシントンで撮影(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

 [30日 ロイター] - 米ケンタッキー州の裁判所は、同州選出の共和党のランド・ポール上院議員(56)が2017年11月に隣家の住民にタックルされて肋骨を6本骨折したことを巡り、タックルした隣家の医師ルネ・バウチャー被告(60)に58万ドル(約6300万円)超の支払いを命じた。

     バウチャー被告は昨年、罪状を認め、6月に30日間の禁錮刑を言い渡されて10万ドルの罰金を支払っている。

     被告は、ポール議員が家の境界沿いに庭のごみを積み上げる習慣に耐え切れなかったと主張。上訴する方針を示している。裁判所に提出した文書で被告は、ポール議員が芝刈り機を使用して被告宅の敷地に落ち葉を吹き飛ばしてきたのが見えたので、隣家に駆け込んで議員をタックルしたと述べている。議員は、負傷が原因で肺炎を起こした。

     ポール議員は、30日夜にツイッターで、「いつでもどこでも暴力が答えではないという、明確なメッセージを発信する必要がある」と投稿した。

     判事はバウチャー被告に、懲罰的損害賠償37万5000ドル、苦痛に対する慰謝料20万ドル、および治療費7834ドルの支払いを命じた。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
    2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
    3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
    4. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
    5. EU離脱 「氷の女王」誤算 メイ首相が辞任表明

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです