メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

地味で忘れられがちでもじつはイイ! 乗るとジワジワよさが伝わるスルメのような現行車5選

情報提供:カートップ

地味で忘れられがちでもじつはイイ! 乗るとジワジワよさが伝わるスルメのような現行車5選

モデルチェンジされぬがゆえ存在すら忘れ去られたクルマも……

 最近なにかと派手だったり、機能が充実していたり、目立つクルマばかりがもてはやされる。しかし派手さはないものの、乗るとやっぱりいいなぁ、とシミジミ思うクルマというのもある。今回はそんなクルマ取り上げてみよう。

1)トヨタ・マークX

不人気モデル

 すっかりフルモデルチェンジもされず放置状態。しかもクラウンやレクサスたちの影に隠れて、ぱっとしないが、乗るとやっぱりトヨタのミディアムサルーンっていいよなぁ、と納得。クラウンとはまた違った伝統が体に染み入る。

2)トヨタ・エスティマ

不人気モデル

 ミニバンブーム自体がひと段落したこともあるが、コンセプトを堅持してきたのがあだとなったか、注目度は今ひとつ。だが、これまた乗るとエスティマはこれよ、これ、と嬉しくなる。乗れば乗るほどにエスティマらしさが染み出てくる。

3)スズキ・アルト/ダイハツ・ミラ

不人気モデル

 軽と言えばハイト系。でも、日本の軽はこの2台の登場で大きく転換した。あえて乗ってみると、確かにハイト系に慣れた体には車内が狭かったりとなんとも違和感ありあり。でも、足に使ってみると、じわじわと良さが出てくる。燃費良し、荷物も人も最低限は積めるし、なにより足まわりなどの完成度が飛躍的に上がっている。これで十分じゃん、と最後にはニンマリ。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです