メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

感染初期に検出 高感度の診断法開発 東大など発表

 インフルエンザウイルスを従来の1万倍の高感度で検出できる診断法を開発したと、東京大などのチームが英科学誌電子版に発表した。感染初期からウイルスの検出が可能といい、重症化の防止が期待できる。チームは「発症直後から治療すれば体から出るウイルスが減らせるため、流行拡大も抑えられる」とし、数年後の実用化を目指している。

 従来の検査法は、ウイルスが一定量以上必要で、発熱などの症状が出てから半日以上たたないと確認できない…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです