メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

民主主義の土台

 「十二人の怒れる男」という60年以上昔の米国映画がある。陪審員12人が父親殺しの罪に問われた少年について有罪か無罪か審理する様子を描いた作品は民主主義について考えさせられる。10年前、日本での裁判員裁判導入を控え、DVDを借りて何度も見た。

 映画では有罪を確信する11人と簡単に結論を出すことに疑念を抱く1人が激論を交わす。予断や偏見を乗り越えて最…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  4. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです