メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京マラソン、一般参加取りやめ 新型肺炎拡大受け
外国人労働者

共生環境整備へ新組織 県、実態調査や相談窓口 /群馬

 外国人労働者の受け入れを拡大する新制度が4月から始まるのを受け、県は2019年度、共生の環境整備を促進するため横断的な組織を新設する方針を固めた。留学生や技能実習生の就労・生活に関する本格的な実態調査をするほか、外国人が抱える問題に対応する総合相談窓口も新設する。こうした事業費を19年度予算案に計上する方針。【杉直樹】

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  4. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  5. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです