メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019知事選

自民、推薦か支持か 党員ら困惑 判断煮え切らず 「何もしない」の臆測も /福井

(上)県政報告会で、来場者と握手を交わす西川一誠氏(左)=福井市で、(下)支持者とともに拳をつき上げる杉本達治氏(中央)=福井県坂井市で、いずれも大森治幸撮影

 知事選(4月7日投開票)を巡る自民党本部の煮え切らない態度に、県内の党員らがやきもきしている。党県連が昨年11月に上申した元副知事の杉本達治氏(56)の党推薦について、来月21日の告示まで50日を切った今も音沙汰がないからだ。過去4回の選挙で支援した現職の西川一誠氏(74)を推す声も根強くあり、関係者は固唾(かたず)をのんで党本部の判断を注視している。【大森治幸】

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 新型コロナ 通夜や葬儀への参列で集団感染 松山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです