メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

『ご当地四日市鍋』創作コンテスト

4年かけ選ぶ あす第1回予選大会 /三重

 土鍋の国内生産量の約8割を占める四日市の萬古(ばんこ)焼を全国に広めようと3日、四日市市陶栄町のばんこの里会館の特設ステージで「『ご当地四日市鍋』創作コンテスト」第1回予選大会が開かれる。今後4年間かけ、四日市の「ご当地鍋」を選定する計画だ。

 コンテストは「土鍋料理グランプリ」として2012年にスタート。全国に発信する土鍋料理を創作し…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです